シエンタの中古車査定と自動車税

c0180685_1135788.jpg

自動車税、我々知っているようでそうではないところが、結構あるのではないでしょうか。
たとえば、引越しや車の売買とか車検の関係などと、自動車税はどうなるのか...。
今回は自動車税をご紹介していきます。

・自動車税とは、自動車の所有に対して課税される地方税で、その自動車の、主たる定置場(車庫)所在の都道府県から課税されます。

・毎年4月1日現在の所有者に1年分課税され、送られてくる納税通知書で、5月末日までに納付しなければなりません。

・原則所有者に課税されますが、割賦販売等の場合で自動車の所有権を売主に留保している場合は、買主に課税されます。

・年度の途中で新規登録又は廃車をした場合(ただし、引越しや車の売買などによって「他道府県ナンバー」になった場合を除く)、月割計算して課税または還付されます。

・車検を受ける時に、自動車税の納税証明書が必要で、車検証と一緒に保管するとよく、これはみなさんが持っているトヨタのシエンタで、買い替えをする準備で中古車査定時の、80系シエンタXの買取査定にも必要になります。
[PR]
by new1203 | 2017-02-21 17:11 | 中古車査定
<< ミニバン人気ランキングとシエンタ 国産スポーツカー >>